次回公演イメージ

更新情報・お知らせ

2022/10/07 第31回 能楽若手研究会大阪公演 「若手能」のご案内を掲載しました

2021/11/22 能「土蜘蛛」と座談会・解説のご案内を掲載しました

2021/10/16 次回公演は1月30日(日)能「道成寺」に決定致しました

2021/04/29 イベントページに稽古場案内を掲載しました

2021/04/28 若手能がノート始めました!  動画も公開しております。是非ご覧ください。

2020/08/08 本年度公演は中止となりました


若手能とは


大阪・兵庫の40歳以下の若手能楽師が企画・運営を担い、公演を行っています。
また、能楽体験講座やライブ等、普及活動にも力を入れて活動しています。

2001年、日本の伝統芸能「能楽」はユネスコ第1回世界無形遺産に登録され世界的に能楽が認めらました。能楽が世界に認められるまでには、能楽界でのさまざまな努力、試みがなされてきました。
国立能楽堂では研修生を募集し、能楽師を育ててきました。そして、彼らの出演の機会を作るため能楽協会と協力し、各地の若手能楽師との競演を実現させました。それが「若手能」です。
<大阪公演の歩み>
「若手能大阪公演」も当初は、阪神間の若手能楽師が国立能楽堂研修生との競演の場所を与えられる形で平成4年に始められました。しかし、「もっと地域に根ざした公演を」「もっと若手の意見を反映した公演を」「初めての方にも受け入れられる公演を」という、若手能楽師の熱い思いから「大阪若手能実行委員会」を発足し、第8回公演以後、大阪独自の「若手能」を作り上げるため、試行錯誤してきました。


▲ページトップに戻る



(カウンター 2014.9.11〜)

inserted by FC2 system